減量とリバウンドカテゴリの記事一覧

減量とリバウンドの仕組み

減量でリバウンドしやすくなるプロセスは
解明されています。


リバウンドが発生するのは、減量がきっかけに
なって生体恒常性機能が活動するためだといいます。


リバウンドが起きる背景にあるものを、
ひもといてみましょう。


生体恒常性機能が、リバウンドと深く
関わっています。


この機能は、人体の外部状況が変化を来した
時に体を守るためのものです。



生命維持に必要なカロリーは、本来は食べ物から
得るものですが、減量目的などで食事を少なくすると
体は非常時と判断して生体恒常性機能を作動させます。




極端な食事制限を自らに課したにもかかわらず、
一向に体重は落ちずに苦しいばかりだったという
方はいるようです。



あるいは、食事を減らしたことがきっかけで
体重が増えてしまったという人もいます。


体脂肪増加の背景には、生体恒常性機能が少量の
食事を効率よく体内に貯め込もうと活動している
という事実があります。



リバウンドがしやすくなるのはこのためです。


少ない食事でも脂肪を蓄積する体が、通常食によって
もっと脂肪を蓄積するのです。



減量がうまくいかないのは、このような事情のためです。

一度リバウンドをしてしまうと、次にリバウンドを
する度に基礎代謝が落ちて、太りやすい体質になると
言われています。



リバウンド対策に気をつけながらダイエットの
方法を決めることが、減量を成功させるためには
欠かせないことです。

減量とリバウンド

リバウンドを考えずに減量を行うと、多くの場合失敗します。
食欲の秋で、つい食べ過ぎて減量しなくてはとあせっている
人も多くなる季節です。


減量を成功させるため、リバウンドしにくい体を
作りましょう。


パートやアルバイトなど一時的な仕事をしながら、
正社員としての就職活動を継続している方もいるようです。


リバウンドと言うのは、減量に成功して普通食に
戻した時などに、体重が戻ってしまうことです。


もしくは減量前よりもさらに体重が増えてしまうことも
あるようです。



リバウンドは、ダイエット挑戦者の8割に起きているとも
されています。



減量には付き物のリバウンドですが、なぜリバウンドして
しまうのでしょうか。



生体恒常性機能という、人の体を一定の状態に
保とうとする能力が、リバウンドの理由になっています。



ダイエットのために食事量を大幅に減らすなどすることで
摂取エネルギーが激減すると、体は生命の危機と認識して
生体恒常性機能を働かせます。



次に食べ物をとった時などには吸収力をアップさせ、
体の基礎代謝を下げます。



エネルギーを保持しようとする体の反応が起こるためです。


しばらくダイエット食を続けていると、体がエネルギーを
使いづらく貯め込みやすくなります。

このことが、減量後にリバウンドをしやすくします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。